1. Home
  2. /
  3. BLOG
  4. /
  5. ディスクレビュー-カミラ・カベロ「Romance」

ディスクレビュー-カミラ・カベロ「Romance」

タグ:

カミラ・カベロのソロ第二作。知らない人のために少し解説しておくと、カミラ・カベロはあの伝説のオーディション番組「Xファクター」で結成された「フィフス・ハーモニー」のメンバーとしてデビュー、その後脱退、2018年に「CAMILA」をリリースしてソロデビューしこれが大ヒット。その理由は、彼女はキューバ出身なのだがそれを前面に押し出し、民族音楽的なエッセンスを絶妙にポップスに織り込むことにより、自身のオリジンとしたのである。そして、世界的大ヒットの「CAMILA」に続く二作目がこれだ。

 

まず、タイトルについて。「Romance」というのはもっぱら恋人のショーン・メンデスのことで二人とも交際を認めている。ショーン・メンデスもまた今大活躍中の新人シンガーソングライターでふたりの独創性が絆を結んだのかもしれない。はた目から見てもお似合いのカップルだ。そして、本作では恋人とのロマンスがあふれ、かなり幸福感の漂うハッピーなムードに包まれている。

 

カミラの特徴はキューバっぽい独特の拍の取り方、これがかなり民族的で、しかし、サウンドは最新のものなのだからその幸福な融合が実に心地いい。

 

また、今現在、ほとんどの国のヒットチャートをにぎわせているのはトラップというヒップホップの一ジャンルだ。そしてこのトラップは特にベースが特徴的で、とにかう低域をひびかせてダークな音像に仕上がった曲がほとんどだ。

 

しかし、カミラがこれをやるとなぜか南国の感じが出てきて、ちょっとセクシーで露出度高めの女の子が踊っているという、妖しい雰囲気が出てくる。それはやはり拍の取り方が違うから。明確にキューバサウンドを取り入れているので、どうしてもトラップにはならないし、そこがおもしろいのだ。音色一つとってみても確実にトラップなのに、彼女に歌わせれば途端に南国の暑苦しい風にまとわれて、少し海風にあたるような、妖しいんだけど目の前の女の子が誘惑しているような、ちょっとハッピーな感じに仕上がる。これは絶対にカミラだけにしかできないことで、カミラの無二性はここに出てくる。どんな音楽もキューバ的に仕上げてしまう能力、歌唱力。そこが普通のシンガーソングライターが持ちえない特性だ。

 

カミラは自身のキューバ出身という出自を前面に押し出したくてフィフス・ハーモニーを脱退したのだそうだ。そしてそれは成功だったと言える。今の時代は、民族性やLGBTなど自身のアイデンティティを主張するアーティストこそが埋もれずに勝利できる時代になった。むしろマイノリティであることが強みになる社会だ。彼女はその社会を代表する歌姫であるし、これからも彼女のキューバ的サウンドで音楽を刷新していってほしい。

お仕事のご依頼を募集中!お問い合わせはこちらまで

募集中のご依頼は下記のとおりです。

WEBデザインホームページ制作、ドメイン・サーバーの管理、HPの更新作業など
作曲歌ってみたMIX、BGM制作、歌モノの楽曲制作、ミックス・マスタリングなど
文筆家Webライティング、小説・脚本・エッセイの執筆など