音楽

  1. Home
  2. /
  3. 音楽

セカオワのhabitはなぜこんなにもヒットしたのか?

タグ:

TikTok、インスタ、YouTube、テレビ、ラジオ、ありとあらゆるメディアでバズってるセカオワの新曲、habit。 この曲がなぜ、こんなにも多くの人に受け入れられているのか、考察していきたいと思います! そもそもセカオワとはこういうバンドだった セカオワといえば、ポップでファンタジーな世界観が有 […]

ヒゲダン新曲「ミックスナッツ」考察 J-POPはどこへ向かうのか?

タグ:

ヒゲダンの新曲「ミックスナッツ」が物議をかもしています。 そのエネルギッシュで爆発するような音像と、ジェットコースターのように疾走する展開。 彼らは今、音楽シーンのどこにいて、どこへ向っているのか? 現在のJ-POPシーンと合わせて考察していきたいと思います。 米津玄師「POP SONG」との類似点 […]

米津玄師「POP SONG」MVの元ネタはデヴィッド・ボウイ?!カリスマが放つユニセックスの魅力

タグ:

米津玄師の新曲「POP SONG」のMVが公開され、大きな話題を呼んでいます! 男なのか女なのかわからない、奇抜なキャラクターにみなさん、驚かれたと思います。 今回はこのMVから米津玄師が放ったメッセージと、この楽曲の革新性について解説したいともいます! 奇抜なキャラクターの元ネタはデヴィッド・ボウ […]

私的2021年アルバムトップ10 1位 Official髭男ism「Editorial」

タグ:

栄えある第1位は! ヒゲダンの最新作「Editorial」です! 「Editorial」がどんなアルバムか、そして、「Cry Baby」のジェットコースター転調はどのように生まれたのか、こちらの記事で書いていますので読んでもらえるとうれしいです! ここでは、「Editorial」リリース後、彼らが根 […]

私的2021年アルバムトップ10 2位 ヨルシカ「創作」

タグ:

第2位の発表です! 1月にリリースされたヨルシカの「創作」! こちらは去年8月にリリースされた「盗作」のもう一つの側面を描いたアナザーストーリーとなっています。 「盗作」と「創作」の関連性についてはこちらの記事について詳しく書いているので、ぜひ、読んでみてください。 今回は、「創作」リリース後のヨル […]

私的2021年アルバムトップ10 3位 millennium parade 「THE MILLENNIUM PARADE」

タグ:

ついにトップ3の発表です! 第3位はKing Gnu、常田大希が率いるアーティスト集団、millennium paradeです! このアルバムはサウンドがあまりにも革新的すぎて、度肝を抜かれました! ミクスチャーロックというのはDragon Ashが世に広め、King Gnuもそれに追従する形でシー […]

私的2021年アルバムトップ10 4位 YOASOBI「THE BOOK」

タグ:

はい、5位で言いました通り、4位はYOASOBIの1stアルバム「THE BOOK」です! このトップ10はあくまで僕の独断の偏見で決めています。 そして、このランキングで最も重視しているファクターは「そのアルバムがどれだけ音楽シーンを変えたか?」です。 それで言うと、YOASOBIは普通の人ならト […]

私的2021年アルバムトップ10 5位 YOASOBI「THE BOOK 2」

タグ:

5位はYOASOBIの二枚目のアルバム「THE BOOK 2」! はじめに言っておきますが、4位は同じくYOASOBIで「THE BOOK 1」です! 去年、今年と一度も止まることなく驚異的な速度で急成長していったYOASOBI。 これはもはや社会現象と言って過言ではないでしょう! 今回は12月にリ […]

私的2021年アルバムトップ10 6位 ビリー・アイリッシュ「Happier Than Ever」

タグ:

6位はこのブログでももうおなじみ、ビリー・アイリッシュです! 今回のアルバムも確実に来年のグラミーに入ってきますよ! とはいえ、ビリー・アイリッシュの今回のアルバム、そして、ビリーのことについてもこのブログでは語りつくした感があります。 ということで、今回は「Happier Than Ever」を出 […]

私的2021年アルバムトップ10 7位 RADWIMPS「FOREVER DAZE」

タグ:

7位はRADWIMPSです! 実はもうちょっと上位にランクインさせたかったのですが、今年のランキングも相当レベルが高くて、熟慮した結果、この位置に落ち着きました。 いまや映画音楽も手掛けるRADWIMPSの進化。 すでに彼らはバンドという枠を超えて、音楽集団となっている印象があります。 劇伴で培った […]