1. Home
  2. /
  3. BLOG
  4. /
  5. Uru「オリオンブルー」

Uru「オリオンブルー」

タグ:

誰でも一度聴いたら忘れられない、そんな歌声を持ったシンガーソングライターがいる。Uruだ。ドラマ主題歌などで聴いたことのある人も多いだろう。

彼女の歌声は水のように透き通っていて、透明で、純粋で、はかなげで、聴いた人の心を包み込むような優しさがある。

僕がUruを語るときに思い出すのはAimerだ。Aimerも独特の、人を包み込むような歌声を持っている。しかし、Aimerはその中に力強さを感じる楽曲が多い。「Brave Shine」や「I beg you」などが代表だろう。しかし、Uruの歌声はナイーヴで移ろいやすい人の心をそのまま表したかのようだ。その歌声は人の心の弱さや脆さ、そして強さを思い出させるからこそ多くの人に支持されるのだろう。また、Aimerは作詞はするが作曲はしない。しかし、Uruはシンガーソングライターであり、作詞作曲を担当している楽曲も多い。例えば、「テセウスの船」の主題歌になった「あなたがいることで」はUruが作詞作曲を担当している。そういう意味でもAimerとは似ているようで違う立ち位置にいることがわかる。

アルバムの曲はすべてダウンテンポのバラード。ここまで思いっきりバラードだけのアルバムを作れるアーティストというのも最近では珍しい。どの曲も歌詞がすっと心にしみわたり、癒される。傷ついた時、癒されたいとき、ぜひこのアルバムを聴いてほしい。このアルバムが伝えたいメッセージ、それは「人は何度だって立ち上がれる」ということだ。どんなに悲しいことがあっても、たった一度の幸福な経験や記憶でまた立ち直ることができる。その人間のナイーヴさを彼女の歌は体現している。

Uruはもともとyoutubeにカバー動画を投稿していたそうで、そこからレーベルの人に目が留まり、デビューに至ったそうだ。最近ではオーディションでデビューなんて企画はほとんどなくなってしまった。youtubeで一定のファン層がいて、レーベルの人もその人の実力を正確に知ることができるからだ。オーディションで何千人ものデモテープを聞く必要はない。

最近も、J-POPの英語カバーを投稿していた「Anonymouz」というアーティストがデビューし、話題を呼んでいる。これからyoutube発のアーティストはどんどん増えていくだろう。そのさきがけがUruであり、ここまでビッグになっていることはその下の世代を勇気づけるだろう。

みなさんも、ぜひ、一度、Uruの歌声を聴いて癒されてみてほしい。

お仕事のご依頼を募集中!お問い合わせはこちらまで

募集中のご依頼は下記のとおりです。

WEBデザインホームページ制作、ドメイン・サーバーの管理、HPの更新作業など
作曲歌ってみたMIX、BGM制作、歌モノの楽曲制作、ミックス・マスタリングなど
文筆家Webライティング、小説・脚本・エッセイの執筆など