1. Home
  2. /
  3. BLOG
  4. /
  5. わたしの統合失調症闘病記②

わたしの統合失調症闘病記②

すみません、家庭の事情で更新が滞ってしまいました。それについては後できちんと書きます。

それはさておき、前回は中学までの話ですが、ここから高専~発症までを語ります。

高専というのはあまりなじみのない学校かもしれませんが、全国にあります。高校と工業短大がセットになった形で、5年制で、卒業すると同時に短大資格が得られ、頭のいい人は大学3年に編入し、大卒も取れます。なんといっても魅力は就職率の高さ。ほぼ100%です。しかも一流企業ばかり。みんなこれを目当てに受験するのです。大学受験しなくていいしね。

ところが、わたしは違いました。みんなが進学校に行くので、それを避けて高専を選んだのです。すいぶん後ろ向きな選択ですね(笑)。でも、そうするしかなかった。一度完全に人間関係をリセットしたかったのです。そして、それは成功することになります。

楽しかった高専一年生

一年生の時は小学校が一緒だった友達がいたのでだいたい、そいつといつも一緒にいましたね。家が近かったので迎えに来てくれたり、登下校もだいたい一緒でした。それから、工業系ってだいたいそうなんですけどみんなオタクなんですね。ご多分に漏れずうちもそうで。そっごいイケメンがアニメの話をしているみたいな場面に出くわしました。だから、わりとすんなりなじめたというか、自分もけっこうアニメ好きだったので話があったり、音楽で通じ合ったりして。

下校帰りに本屋寄ったり、すっごい遠いのにチャリで秋田駅前まで行ったり、とにかく楽しかったですね。

ところが、二年生から雲行きが怪しくなります。

やりたくなかったけど嫌々やっていた部活動

そのいつも一緒にいた友達が「エコレース部」に入りたい、と二年生になって急に言い出して。で、見学に行ったんです。どういう部活かって言うと、秋田の八郎潟にでっかいサーキットがあるんですね。ここで毎年二回ソーラーカーの大会が開かれるんですよ。それに参加する部活。活動内容はソーラーカーの自作。すべて自作です。部費でパーツ買って、モーターとか蓄電池とか。10万くらいするのかな? フレームとかは機械科の人たちが手作業で溶接。で、わたしは電気科なのではんだ付けとバッテリー、送電系のチェック。

すっごいハードな部活だったんですよ。春と夏に大会があるんですけど、大会前は春休み・夏休み・土日返上で毎日学校に行ってました。

で、別にわたしは興味なかったんですけど、友達が入るっていうし、流れで、というか、こういうことやってみるのもなにかのためになるかなと思って始めたんですけど、まぁ、つまらなかった。だいたい、わたし、車嫌いなんですよね。今も運転はそんなに好きじゃない。仕方なく乗るけど。めちゃめちゃハードだし、高専の課題もハードなので、二年の1月から3月は、物理のレポートが週一であって、実験のレポートが二週に一回あって、それプラス部活。春休みなし。土日なし。それで、もう病んじゃったんですよね。

で、わたしは10月末で退部届を出してました。ところがそれが受理されなかったんです。なぜかというと、9月の大会でうっかり全国一位を取ってしまったがために取材がけっこうな量はいってて、取材が終わるまで退部は待ってくれということでした。仕方なく待ってたんですけど一向に退部させてもらえず、3月まで部活に通い詰めることになります。今考えてもあれは理解できん。顧問の先生はわたしが部活を楽しんでると思ってたらしくて、まったくそんなことはなかったのですが、有能だったから引き止めたかったんでしょうね。

で、それが、2011年3月のことです。そう、もう、お分かりですね。3.11です。

現実逃避したわたしにとっての3.11

3.11が原因で精神疾患を発病した人は非常に多いと思います。わたしもそうです。

部活が辞めたくてもやめられない、仕方なくまた春休み返上で部活に通い詰めていた金曜日の14:46、わたしは部室にいました。急に緊急地震速報が鳴って、(そういえばまだそんなに普及してなかったので、鳴ったのは先輩のケータイひとつだけでした)お? 地震か? と思ったらすぐに激しい揺れに。ここは危ないから外へ避難しろ、となって、外に出て。秋田は震度5強だったんですけど、電車に乗ってるみたいでした。そのときはまだ恐怖はなかったな。で、収まって、ネット見たら、あと15分で宮城に津波が到達すると発表されてて。そこで、あ、これほんとにやばいんだ、と思いました。帰ろうと思ったんですけど、全部、停電してるんで信号がつかない。とにかく家に帰るまで大変でした。テレビもラジオも使えず、情報がないまま、まだ寒かったので、毛布にくるまって寝ました。

翌日、わたしが住んでいる家は病院に近いこともあって、すぐに復旧しました。そこで、被害の全容を知ることになるわけです。

地獄ってこの世に存在するんだなって思いました。すべての悪が今ここで、体現されている。でも、これは天災であり、神が世界を裏切った、みたいに感じました。本当にこの世の終わりが来たんだと。

で、ずっとテレビがついていたんですけど、わたしは目をそらしました。あまりにも耐えがたかったから。イヤホンして本を読んで、現実から逃げました。そのことを今でも後悔しています。わたしにとっての3.11はわたしが無力であること、そして自分は都合のいいときだけ現実から目をそらすのだと、思い知らされました。それが、9年経った今でも、わたしの原罪として残っています。

統合失調症と診断が確定

そのあとも部活には通い続けました。でもそれがよくなかったんだと思います。自分はなんでこんなことしてるんだろう、なんで生きてるんだろうとずっと考えていました。こういう考えに陥ったら、もうそれは確実になんらかの精神疾患です。人は誰しも生きる力を内に内包しているのです。弱まったり強まったりするけど、その灯は決して消えることがないのです。しかし、その灯が見当たらず、真っ暗闇にいるとしたら、それはもう精神疾患と考えたほうがいいのです。今ここでちゃんと生きているのに、「なんで生きてるんだろう」とか「死にたい」とか思うのは異常なことなのです。そういう人はすぐに精神科に相談してください。

ところで、わたしは中学時代からずっと「死にたい」という思いと戦ってきました。それは二人の女の子を傷つけてしまったのだという罪悪感とわたしは意味もなく嫌われる、無価値な人間なんだという自己否定感から来るものでした。それが、3.11によって頂点に達し、そこでようやく精神科に行こうと思うのです。

しかし、その発想に至るまでが長かった。自分がおかしいなんて思いもしませんでしたから。みんな「死にたい」って思ってるんだろうなぁって考えてました。そんなわけないだろ。

ある日、うつ病チェッカーというものを見つけて、やってみたんですね。そしたら今すぐ病院に行きなさい、と言われ、行きました。

最初の診断は、すごく威圧的な先生で、先生の方も、この人、ほんとに病気なのかな?みたいな感じだったんですが、テストをしたら、統合失調症だとわかり、ここで診断が確定します。

とりあえず、今日はこの辺で。次は、高専中退から人生で一番楽しかった定時制高校の話。

合わせて読みたい

お仕事のご依頼を募集中!お問い合わせはこちらまで

募集中のご依頼は下記のとおりです。

WEBデザインホームページ制作、ドメイン・サーバーの管理、HPの更新作業など
作曲歌ってみたMIX、BGM制作、歌モノの楽曲制作、ミックス・マスタリングなど
文筆家Webライティング、小説・脚本・エッセイの執筆など